育毛用プロテイン

プロテインの種類、摂取量、飲む時間など

タンパク質の摂取は育毛に有効といわれています。タンパク質は新陳代謝を活発にしますし、直接的に髪を作る材料にもなります。タンパク質の摂取にはプロテインのサプリメントを利用すると、便利で効率もよいです。

 

最近はスーパーなどでも簡単に粉末状のプロテインを購入することができますよね。育毛用にプロテインを購入する際の選び方、効率のよい摂り方をまとめてみました。

 

プロテインの種類 現在販売されているのは、牛乳由来のホエイ・プロテインと、大豆由来のソイ・プロテインがほとんどですが、育毛には大豆がおすすめです。大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンと似た働きを持つため、発毛をうながしたり、髪を健やかにするなどの効果が期待できます。また、ホエイよりも吸収が遅い大豆は、 エネルギーとして消費されづらく、体に蓄積される割合が高いのもメリットです。
タンパク質含有率・アミノ酸スコア プロテインには糖質やビタミン・ミネラルなども配合されています。グラムあたりに何%のタンパク質が含まれているかがタンパク質含有率で、90%以上が望ましい数字です。アミノ酸スコアは、必須アミノ酸のバランスを評価した数字です。90から100を目安に選んでください。
一日の摂取量 体重1kgに対してプロテイン1g、が目安です。軽量スプーンがついていますので、それで計測してください。飲み方は、水か牛乳に溶かします。ジュースなどでもよいのですが、チョコやバニラなど、牛乳に合うような味がついていることが多いです。
飲む時間 一日分の量は意外に多いです。2〜3回に分け て飲むとよいでしょう。好きなタイミングでかまいませんが、育毛のゴールデンタイムといわれる夜10時から深夜2時の間には、血中アミノ酸量が高くなるように調節したいですね。大豆プロテインは5〜6時間で消化、吸収されるので、夕食のあとに摂るとゴールデンタイムに血中アミノ酸量を高くすることができます。
プロテインは禿げる? プロテインを摂りすぎると、育毛どころか、かえって髪が薄くなるという話を時々聞きます。これは恐らく、プロテインではなく筋肉増強剤のことです。筋肉増強剤は男性ホルモン作用があり、確かに使用していると髪が薄くなってきます。ボディビルダーの人は、この筋肉増強剤とプロテイン、両方を使用しているため、混同されたのだと思われます。筋肉増強剤はホルモン剤で、タンパク質とは無関係です。安心してプロテインを飲んでください。